文字サイズ

Wセミナー

e受付

社会保険労務士

[資格・試験]社会保険労務士の資格は、転職に有利ですか?

質問
社会保険労務士の資格は、転職に有利ですか?
回答
社会保険労務士が活躍できる場面として「独立開業」、「企業内で社労士の資格を活かす」方法があります。
社労士の資格があると、独立して自分で事務所を立ち上げる事も可能です。社労士は、電話やパソコンなど最低限の設備があればいつでも開業できるので、合格後すぐに登録をして開業する方もおります。
 
また、企業に属しながらスペシャリストとして活躍することができるのも、社労士資格の大きな魅力です。
企業の中で活躍する社労士は「企業内社労士」といわれています。企業でも近年、雇用形態(働き方)が多様化してきており、さらに、残業代の不払い、解雇、労災事故など労働問題が紙面を賑わしていることもあり、リスク管理の観点から、社内において人事のエキスパートを確保しておきたいと考えている会社が増えてきています。その為、特に人事や総務など管理部門への就職・転職は有利といえます。
このように社労士は就職や転職のチャンスがある素晴らしい資格といえるでしょう。

(関連キーワード)
て社会保険労務士が活躍できる場面として「独立開業」、「企業内で社労士の資格を活かす」方法があります。
社労士の資格があると、独立して自分で事務所を立ち上げる事も可能です。社労士は、電話やパソコンなど最低限の設備があればいつでも開業できるので、合格後すぐに登録をして開業する方もおります。
 
また、企業に属しながらスペシャリストとして活躍することができるのも、社労士資格の大きな魅力です。
企業の中で活躍する社労士は「企業内社労士」といわれています。企業でも近年、雇用形態(働き方)が多様化してきており、さらに、残業代の不払い、解雇、労災事故など労働問題が紙面を賑わしていることもあり、リスク管理の観点から、社内において人事のエキスパートを確保しておきたいと考えている会社が増えてきています。その為、特に人事や総務など管理部門への就職・転職は有利といえます。
このように社労士は就職や転職のチャンスがある素晴らしい資格といえるでしょう。

(関連キーワード)
自営業 知識 

管理番号:548